TOPICSおしらせ

インタビュー

2022.07.12

クロノーブお取扱い店のご紹介‐AKO HLOLISTIC VET CARE

クロノーブPets担当の宮嶋です。

東京都世田谷区のAKO HOLISTIC VET CARE様を紹介させていただきます。閑静な住宅街にある動物病院です。街並み・内装ともにナチュラル調でとてもリラックスできます。 院長の山内明子先生へ院のコンセプトやホリスティック治療についてお話しをお伺いしました。

”クリニックっぽくない”院を目指して

「もともと動物病院で獣医として鍼治療などホリスティック治療を担当していましたが、薬の臭いや器具の音など病院特有の雰囲気に緊張する動物が多いと感じていました。

開院するにあたってはホリスティック治療を専門に行うため、静かでリラックスできる場にしたいと考え今のような形となりました。

友人の家にペットと気軽に遊びに来る感覚で来院できる、飼い主さまも動物たちもリラックスできるようなクリニック作りを心掛けています。

往診をしていると分かりやすいのですが、動物病院へ来ている時とお家にいるのとではその子の表情や様子が全く違うことがよくあります。

できるだけいつもの表情、いつもの状態を知りたいので、リラックスして治療を受けることが大切だと考えています。」

やはり飼い主さんが落ち着いているとペットも安心する、というのはホリスティック治療の基本なのでしょう。落ち着いた雰囲気に私もついまったりしてしまいました。

AKO HOLISTIC VET CARE の診療形態について

ここAKO HOLISTIC VET CAREは西洋医学のかかりつけ病院と連携する形で診療を行う二次診療のクリニックです。

受診するには動物病院からの紹介が必要で、鍼灸、マッサージ、オゾン療法、光治療、食事療法など、ホリスティック治療を望まれる方に来院いただく専門的なクリニックとなっています。

「ここへは、例えば『ヘルニアの鍼治療をしてほしい』『慢性疾患で直りが悪いので食事を変えたい』『老齢で足腰も弱くなってきた、出来るだけ体に優しい治療で健康を維持したい』など西洋医学とは違う視点での治療を望まれる方が多いです。

他にも、『病院に行くほどではないのだけれども普段と比べて何か様子がおかしい』『病院の検査結果には載らないし重篤ではないのだけれども気になる』など、何かいつもと違って心配…と飼主さまが日々感じられている不安等のご相談を受けることも多いです。

そういったご相談も必要に応じて紹介元のかかりつけ獣医さんへフィードバックし、連携してその子の幸せをサポートするようにしています。」

ネットの発達とともにペットの健康意識が高まっている?

「今やインターネット上には色々な情報があり、アンテナを張っていらっしゃる熱心な飼主さまが多いなと感じています。

ペットへの健康意識が高まり、病気になる前から健康に目を向ける「未病」の考え方が浸透していることは非常に喜ばしいですね。

一方でインターネット上の情報には正しいことも間違っていることも多数ありますし、熱心に調べられるのは良いのですが、色々調べて不安になれば、まずはかかりつけの獣医さんへ相談することをお勧めしています。」

腸活は健康のベース

「腸は健康のベースとなる部分であると思っています。

たとえば腸内環境が悪い状態でお薬や漢方薬を与えても正しく吸収できないため、治療の効率が悪くなってしまう可能性が非常に高いです。

どのようなメンテナンスをするにしても、腸内環境が整っていることは大前提の事だと考えています。

腸は“第二の脳”であり、免疫を司る重大な器官と言われています。

人間においてはここ何年も腸が重要である事は言われていますが、動物も同様で、東洋医学の世界においては古くから腸や消化吸収機能の重要性は語られてきました。

東洋医学でいう「気」という概念はエネルギーの源になりますが、食事と呼吸から生成されると考えられています。ですから、消化吸収機能が整うことは「気」を補う上でもとても大切なことになります。」

ホリスティック治療ではデトックスを最重要視

「ホリスティック治療では、身体に不要なものを体外に出す・デトックスすることが治療において重要です。例えば、一過性の濃いおしっこや下痢、経絡上に出る皮膚炎などは、デトックスの一つと考えられます。

なかでも腸はデトックスのルートとして最重要な器官の一つと考えられます。

腸内環境を整えることで善玉菌が増え、悪玉菌が減り、腸の粘膜がしっかりするため、消化吸収能力と代謝を向上させることができます。

土台となる腸内環境が整っていないのにデトックスしようとすると、必要な栄養素を取り込めず”ただ漏れ出すだけ”となってしまい、かえって負担になってしまいます。」

ホリスティック治療は辛抱強く

「お話ししたように、ホリスティック医療ではデトックスとして一過性の症状が現れることが多々ありますが、そういった症状に耐えるだけの体力がないとなかなか治療を進めることが出来ません。

特に慢性疾患や老齢の動物では、その動物に合わせて治療に耐えうるベース作りを行ってから治療を進めていく必要があります。オーダーメイドの治療には手間も時間もかかりますが、幸いにも愛情深くサポートして下さる飼主さまばかりなので助かっています。 これからも飼主さまと協力して動物たちが穏やかに過ごせるよう、私に出来ることを丁寧にやっていきたいと思います。」

東洋医学とクロノーブ「気を高める胃腸の働き」

東洋医学では「気」という概念があります。気とは生命エネルギーのことを指し、現代における免疫力にあたります。

不摂生やストレスにより気が減退することは身体の抵抗力が弱まることであり、病気や様々な不調に陥る原因であると考えられています。

そして“気”は胃腸の働きによって生まれ、胃腸の働きを良くすることが気を高めることとなり、健康な身体づくりのベースとなるのであると考えられています。

当クリニックに限らずクロノーブをご利用のクリニックでは、医薬品だけではない別のアプローチとして健康食品やサプリ等を取り入れた食養生をされています。

クロノーブをはじめとしたさまざまな食品を利用し腸内細菌を育て、より自然な形で腸内環境を整えること、気を高め体力を作っていくことを実践されているのですね。

病院情報

  • 基本情報
    • 病院名:AKO HOLISTIC VET CARE
    • 住所:東京都世田谷区上用賀2-3-1パシフィック馬事公苑前103
    • 駐車場:なし(近隣コインパーキングをご利用下さい)
    • アクセス: 小田急線千歳船橋駅より東急バス 農大前
  • 診療情報
    • 院長: 山内 明子
    • 診察領域: 紹介制の二次診療、ホリスティック診療のみ
    • 対応動物:犬・猫
    • 対応決済方法:各種クレジットカード、アプリ・QR決済、電子マネー
  • リンク